移至主要內容區
選單按鈕

客庄小旅行

:::

台東県池上郷

天気
25 ~ 35 °C
降水確率
20 %
AQI
34
良好

「池上」の地名は「大坡池(池)の上手にある」という意味です。地理的条件から池上は有名な米どころであり、池上米のブランドは広く知られています。詩人が描くような美しい水田が脈々と続き、牛者がゆっくりと歩き、小川の水が溢れる風景はまさに池上郷で最も魅力的な農村風景です。

同時に池上郷は豊かな地質景観と歴史文化景観スポットを擁します。台湾で最も美しい16の駅舎の一つである池上駅のほか、「池上穀倉芸術館」、「大坡池」、「伯朗大道」、「金城武の樹」、「天堂路」、「池上飯包文化故館」などがあります。

池上で最も快適で魅力的な旅は、自転車に乗って田畑や大坡池をゆっくりと巡り、四季折々に移り変わる景色、なだらかな山々、縦横に広がる田んぼを眺めることです。

観光攻略

  • かつて「池上垂綸」で台東十景に選ばれた大坡池は自然生態が豊富な湿地景観で、雨上がりの晴れた時には雲や霧が大坡池の上にたなびき、煙に包まれた幻想的な美しさを眺められます。
  • 稲穂が実る時期に自転車でのんびりと走りましょう。「伯朗大道」のまっすぐ伸びる田園道路は遠くの山際まで繋がっており、黄金色の稲穂と合わさり、風景画のような美しさとなっています。
  • 「池上飯包博物館」の中には昔の米倉、農具、おばあさんが使っていたかまどなどがあり、池上弁当の物語を伝えています。池上の香りに包まれたお弁当は旅人にとって忘れられない味となっています。
  • 「伯朗大道」付近の大観亭は農地を灌漑するために大坡池から水を引き込む浮圳(土を盛って、両側の水路よりも高くなっている場所)の上に位置します。大観亭の上からは数百ヘクタールの美しい田園風景を眼下に収められ、池上旅行で欠かせない絶景となっています。
  • 華麗にリニューアルされた池上駅の建築は日本式の米倉をモデルにし、米どころである池上の特色がよく表れています。また、池上に芸術的な気風をもたらしています。
  • 台東池上客家文化園区に進む前には入り口に油紙傘をテーマにしたシンボルが見えます。園内の建築は台湾東部の農村のスタイルを採用しており、ここでは客家文化について詳しく学んだり、コーヒーブレイクを楽しんだりできます。
  • 池上環圳サイクリング道路沿いは視界が開けており、雄大な山々や起伏に富んだ農地が一望できます。心地よい景色なので、ゆっくりと味わいましょう。
客家語アクセント 四県アクセント、海陸アクセント
客家庄グルメ
池上米
日本統治時代に天皇に献上されていたお米であり、今でも「皇帝米」と呼ばれています。炊いた後は粒がはっきりとしており、粘り気と弾力性が十分で、食べると香り豊かで美味しいお米です。独特なお米の香りもあり、食感も一番と言われています。
臭豆腐
外はカリッと、中はふんわりの油揚げ、クリーミーでさっぱりとした口当たりで幅広い年齢層に喜ばれる冷奴、香り豊かで店特製のキムチやタレと合わせて食べられる臭豆腐は、一皿食べ終わったらもっと食べたくなります。
牛汶水
牛汶水は客家の人々が農作業の休憩時に食べる伝統的なスイーツで、水牛が水のなかに浸かっているように見えることからその名が付けられました。お餅の一種ですが、作り方や食べ方によってお餅よりも美味しくなります。冷めても硬くならないだけでなく、食感もさらに良くなります。黒糖生姜汁、ピーナッツ、ゴマなどにつけて食べると風味が良くなります。
池上弁当
その品質の高さから、池上米を原料とした「池上弁当」は台湾で最も著名な弁当ブランドとなっています。「悟饕池上飯包文化故事館」の一階では主に池上特産品や伝統的なスナック、子供用おもちゃを販売しており、座って温かい池上弁当を楽しむこともできます。
池上九号珈琲館
池上は美味しいお米だけでなく、美味しいコーヒーを味わえる隠れたスポットがあります。大坡池の近くにある 「No.9 Gourmet Coffee」は、ハンドドリップ独特の温かくまろやかな風味で、喉を通る際に芳醇な香りが漂います。苦味も酸味も少なく、記憶に残る味わいです。
最終更新日:2024-04-17
返回頁面頂端 智慧客服