移至主要內容區
選單按鈕

客庄小旅行

:::

花蓮県花蓮市

天気
26 ~ 32 °C
降水確率
20 %
AQI
17
良好

花蓮市内をゆっくり歩いてみましょう。市街地から海岸線に沿って自転車に乗ってのんびり進むと、太平洋の潮風に吹かれながら、百年前に客家の祖先や日本の移民など異なるエスニックグループが旧南濱港から新たな人生の旅を始めたことが思い出されます。海岸から花蓮港の景観橋まで進むと、「向日広場」では青々とした海景色を楽しめます。また、反対方向に進むと、「将軍府」や「松園別荘」、「美崙山公園」へ行くことができ、または「撒固兒歩道」でハイキングを楽しみ、森林浴を満喫するのもよいでしょう。

市街地には著名な旧鉄道商業エリアが目を引きますが、ルートに従って花蓮市の路地のなかを探索しましょう。「花蓮文化望創意産業園区」を訪問すると、古い家屋や路地のなかをゆっくりと歩くことができ、これまでとは異なる花蓮の姿を知ることができ、ゆったりとした生活のリズムを感じられます。

観光攻略

  • 「花蓮市好客文化会館」では定期的に客家の文化に関する展覽が催され、客家の文化を伝承していく重要な場となっています。
  • 「将軍府」は日本統治時代の軍事指揮官の宿舍だった建物で、木造建築が日本の風情を残しています。
  • 佐倉歩道そばの「撒固兒歩道」からは遠くに花蓮市を眺められ、近距離では撒固兒瀑布を観賞できます。
  • 「花蓮鉄道文化園区」はレトロ風情を色濃く感じられ、鉄道の時代の流れを感じられます。
  • 「松園別館」は西洋と東洋の様式を合わせた建築で、遠くに美しい景色を眺められます。樹齢百年の松の樹が林立していることから名付けられ、花蓮を訪れたら必ず行くべきスポットとなっています。
  • 金三角商店街は周辺の街道および旧鉄道商店街と繋がっており、お土産を買ったり、小さな店を巡ったり、美食を味わったりすることができ、色々な要求を満たしてくれます。
  • 東大門夜市は花蓮市内最大の夜市であり、美食から生活用品、ゲームの屋台まで何でも楽しめます。地元の方たちも各地の観光客も、花蓮を訪れたら東大門夜市まで遊びにいくという人たちが少なくありません。
  • 両潭サイクリング道路は海岸沿いに真っすぐ伸びた道路で、漁港や歷史建築、および花東縱谷北端の秀麗な湖が見られ、変化の富んだ景色を楽しめます。山景色も海景色も見飽きない観光路線となっています。
客家語アクセント 四県アクセント、海陸アクセント
客家庄グルメ
客家菜包(野菜餡包み粄)
もち米とうるち米で作った皮で、炒めた千切り大根と油でカリカリに炒めたネギを包みます。竹の葉に載せて蒸すので、蒸籠の蓋を開けた瞬間、竹の葉のさわやかな香りが立ちのぼります。全部平らげても、必ずいくつかテイクアウトしたくなるでしょう。
剥皮辣椒(青唐辛子の漬物)
地元の名産品である剥皮辣椒(青唐辛子の漬物)ですが、ここでは紫蘇も加えて漬けこみ、さらに改良を加えています。これにより新しい風味が生まれ、唐辛子はシャキシャキとした食感になっています。ご飯に合うだけでなく、おやつにもぴったりで、正真正銘の美味しいローカルフードです。
液香扁食
70年以上にわたり、ワンタン一品のみを販売してきました。豚すね肉入りの餡は非常に美味で、皮も薄く、滑らかで柔らかい口当たりとなっています。爽やかで甘みのあるスープとよく合います。
最終更新日:2023-11-01
返回頁面頂端 智慧客服