移至主要內容區
選單按鈕

客庄小旅行

:::

花蓮県光復郷

天気
25 ~ 34 °C
降水確率
70 %
AQI
25
良好

光復郷はまたの名は「馬太鞍」と呼ばれ、かつては各家に樹豆が植えられていたため、「樹豆の故郷」とも呼ばれています。樹豆はアミ族の言葉では「馬太鞍(ファタアン)」と言い、馬太鞍の地名はここに由来します。

光復郷は様々な民族が暮らす集落で、典型的な沖積平野が広がる肥沃な土地です。日本統治時代には製糖産業が主に行われていました。現在は数多くの歴史建築や糖業に関する文物が残っており、花蓮観光製糖工場、花糖文物館などがあります。製糖工場で販売されている各種フレーバーのアイスキャンディーは広く知られており、行楽客の大行列ができているのをよく見かけます。

製糖工場以外にもたくさんの仙境のような景観スポットがあります。たとえば吉利潭や馬太鞍湿地などで、中でも夏に蓮の花が満開になる様子は大勢の人たちを惹きつけています。さらに台湾東部最大の「大農大富平地森林」もあり、清らかな風景を楽しめます。

客家集落をミニトリップすれば、かつてここに移住してきた客家のおじいさん、おばあさんの足跡を訪ねられます。

観光攻略

  • 「大農大富平地森林園区」のインスタレーションはSNSで人気のスポットです。夜にはホタルが飛び交い、秋冬にはサイクリング道路から美しい楓林を眺められます。四季折々に独特な遊び方を楽しめます
  • 日本統治時代に設立された「花蓮観光製糖工場」は日本式の木造家屋の風雅と優美さが感じられるほか、様々なフレーバーのアイスキャンディーを楽しめます。一口食べれば喜びの声が上がるはずです。
  • 毎年5月から8月までは「馬太鞍湿地」で夏の花畑のロマンチックな風情を楽しめます。さらに生態に優しい独特な「巴拉告漁法」も体験できます。
  • 「82巷故事街」はここに暮らす70歳の邱金鳳おばあさんが自由に創作したもので、単調だった住宅の壁に豊かな色彩と物語を吹き込んでいます。この「故事街(物語ストリート)」を歩くと、コーナーを曲がるたびに驚きを体験できます。
  • 毎年、黄花風鈴木(コガネノウゼン)の季節になると、富源中学校そばの興泉圳には長さ300メートル近くのコガネノウゼンの花道が現れます。幻想的な美しさの黄金トンネルはまるで一幅の油絵のようです。
客家語アクセント 四県アクセント、海陸アクセント
客家庄グルメ
擂茶(れいちゃ)
客家人が客をもてなす際に出す伝統の飲み物です。茶葉、ゴマ、ピーナッツ、豆類、パクチーなどの材料をすって粉状にした後、お湯を注ぎ、かき混ぜて頂きます。地区が違えば、作り方も材料もいくらか違いますが、おもてなしの真心に違いはありません。
紅麹の油飯(おこわ)
紅糯米は米粒が赤いことで知られており、光復郷アミ族の伝統的な農作物です。紅麹の油飯(おこわ)は弾力性のあるもち米で、素朴な美味しさをじっくりと味わう価値があります。
製糖工場の冷たいデザート
製糖工場では、甘くてクリーミーなアイスクリームや、爽やかでほんのり甘いアイスキャンデーなど、さまざまなフレーバーのアイスを販売しており、鯉の池のほとりでゆっくりとした時間を楽しめます。製糖工場ではアイスクリームを食べる以外にも、公園内でのDIY工作講座やサイクリングなど、異なる楽しみを体験できます。
最終更新日:2023-10-27
返回頁面頂端 智慧客服