移至主要內容區
選單按鈕

客庄小旅行

:::

屏東県佳冬郷

天気
27 ~ 32 °C
降水確率
30 %
AQI
31
良好

佳冬郷は元々「六根」と呼ばれ、開拓初期には周囲にたくさんのアカギの樹木が植えられていたため、「茄苳脚」と呼ばれていました。日本統治時代に「佳冬」と改名され、屏東六堆の客家の中の「左堆」に属します。住民は客家人が最も多く、次に閩南人(ホーロー人)となります。

「佳冬集落」には数多くの老家屋と古跡、伝統家屋があり、完全な形で残っている家屋の数は台湾で最多を誇ります。「楊氏宗祠」、「蕭家祖屋」、「楊家祖堂」、「張家商楼」、「西隘門」、「敬字亭」などがあり、「生きた博物館」と呼ばれています。静かな「詩人歩道」をゆっくりと歩けば、芸術、詩、客家文化、地方の歴史と古跡の老家屋群に触れられ、足を止めてじっくりと眺めたいと思うに違いありません。佳冬の古跡をゆっくりと散策すれば、これらが記憶に深く残り、満足感の高い充実した旅になるはずです。

観光攻略

  • 台湾で唯一の客家五進スタイルの大家屋の古跡——「蕭家祖屋」。
  • 客家集落の伝統建築には「張家商楼」、「楊及芹祖堂」、「楊氏宗祠」などがあり、建物に在りし日の繁栄を留めています。
  • 伝統的な佳冬郷の「粄條」は米だけで作られた麺で、スープは鮪の肉を煮込んだもので、肉そぼろは鮪と豚の肉を混ぜたものです。一般の客家集落の粄條とは風味が全く異なります。
  • 佳冬の六根村を訪ね歩くと、詩人歩道に整備された老街で文化風情を感じられます。
  • 啟南老街には伝統的な精米所、自転車店、食料品店、布団店、粄條(米が原料の太麺)店などがあり、生活感に溢れています。ノスタルジックな風情を好む旅人には最適なスポットです。
  • 西隘門は現在最も保存状態の良い隘門(敵の侵入を防ぐ門)で、門のすぐ上には清国の乾隆帝から授与された「褒忠」の二文字と、さらに龍の頭とコウモリの胴体を持つ神聖な獣の図案が刻まれています。これはかなり特別なものです。
  • 歩月樓は以前から蕭家の書斎兼図書館だった場所で、門楼の屋根には科挙合格祈願の象徴である白鷺、蓮の花、木の枝の彫刻が見られます。麒麟とカササギの装飾は吉祥平安の象徴でもあります。
客家語アクセント 四県アクセント、南四県アクセント
客家庄グルメ
カカオ(チョコレート)
屏東の気候と環境は、カカオの木の生育に適しています。農家の丹精込めた栽培と加工で、カカオ豆は濃厚で芳醇なチョコレートに変わります。さまざまなフルーツやスパイスなどと組み合わせて、バラエティに富んだチョコレートが生まれています。
苦茶油
厳選した台湾産の苦茶油には大果種油茶および小果種油茶の二種類があります。なかでも大果油茶は大きな果実を使用しており、不飽和脂肪酸および酸化防止剤が多く含まれています。小果油茶は油量が高めです。伝統的なコールドプレス製法による搾りたてのオイルは栄養と果実の香りを含んでおり、油圧プレス法により低温加工されているので、茶の実の養分の流出を減らせ、油自体に茶の実本来の爽やかな香りと栄養分が留まっています。
最終更新日:2023-11-01
返回頁面頂端 智慧客服