移至主要內容區
選單按鈕

客庄小旅行

:::

高雄市六亀区

天気
24 ~ 35 °C
降水確率
60 %
AQI
31
良好

六亀区は高屏平原と中央山脈の山地と丘陵が混じり合う場所に位置し、主に客家人と閩南(ホーロー)人が暮らしています。時代が移り変わっても六亀市街地には長年の歳月が刻まれた老建築が保存されています。また、多様な民族の文化が融合する山間の集落です。

歩みを緩めて、のんびりと旅に出かけてみましょう。ここにはアジア最大の「一貫道の神威天台山」や「諦願寺」、「妙崇寺」、「妙通寺」などの仏教の道場および大仏があります。また、レーザーによって雰囲気がある「新威景観大橋」や有名な「宝来温泉」や「不老温泉」などもあります。さらに「宝来花賞温泉公園」や「六亀老街(池田屋、および洪稛源)」もお見逃しなく。老街では各種職人による美食や達人の手作りを体験でき、山林の中の温泉でストレス解消の旅を満喫できます。山間集落の魅力は一目瞭然です。

観光攻略

  • 温泉浴と花見が楽しめる温泉地です。宝来温泉エリアと不老温泉エリアの泉質は弱アルカリ性炭酸泉に属し、行楽客の皆様は心の底からリラックスすることができます。
  • ルリマダラが訪れることから新威景観大橋の外観はルリマダラの形となっています。夜には青いライトがキラキラと輝き、まるで蝶が羽を開いたり閉じたりしているように見えます。
  • 新威森林公園では冬の終わりから初春にかけて、マホガニー林道の地面の一面が紅色で覆われ、詩情溢れる光景となります。
  • 十八羅漢山では数十の高く聳えた峰が連なっています。ここを遠くから見ると、表情や動作がそれぞれ異なる生きた羅漢の立ち姿に見えます。このため、「台湾小桂林」と呼ばれています。
  • 築90年の「池田屋」は六亀で唯一、歴史建築に指定されている日本家屋です。かつてここは交通の要所にある施設として出稼ぎの住民や勉強のために外地で生活している人たちの共同の記憶の場となっています。
  • 道路拡張工事に伴い、小学校に移転した「新威西方香波伯公」は、台湾南部の客家特有の墓のような形状をしています。客家の人たちの「飲水思源(井戸の水を飲む際には、井戸を掘った人の苦労を思え)」の精神を受け継いでいます。
  • 新寮の可愛いバージョンの「伯公(土地公)」は日本統治時代にこの地で発展した樟脳事業の栄華を物語っています。赤レンガの壁に沿って新寮古道を探索しましょう。古道入り口には百年の歴史をもつ井戸があります。
  • 新威森林公園からほど近い六亀新威勧善堂には伝統的な「祭河江」という祭典が今も残されています。高雄市の無形文化財に指定されているので、ぜひ訪れてみることをお勧めします。
  • 宝来中学校の裏手にある花見温泉公園には千本以上の花木が植えられており、花が咲き誇る中、足湯に浸かる楽しみを味わうことができます。
客家語アクセント 四県アクセント、南四県アクセント
客家庄グルメ
粄條(粄きしめん)
米を水とすり潰してペースト状にしたあと蒸したのが「粄」。これを細長く切れば粄條(米粉きしめん)の出来上がりです。油でカリカリに炒めたネギ、千切り豚肉と手早く炒めた炒粄條(焼ききしめん)も、コンソメスープに入れニラを散らした湯粄條(スープきしめん)も客家のベストな味です。
六亀産の梅
六亀の梅園の大部分は宝来里竹林地区に集中しており、収穫された青梅は園内の農場で梅ジュースや、脆梅(甘いカリカリ梅)、蜜餞(シロップ漬け)、梅酒、梅酢などを加工製造しています。さらに厳選した旬の食材を合わせ、涎が止まらない梅料理ができあがります。
六亀山茶
自然農法を堅持し、野生のなかで育てられており、味の多様な変化と独特な余韻を楽しめるお茶です。これは喬木型の樹齢百年の茶樹で、一般の低い茶樹が栽培されている茶園とは異なり、ワイルドな香りと甘味が特色となっています。
華興製茶
地元の老舗製茶工場「華興製茶」の協力により、野生の山茶の焙煎方法を改良し、同時に農薬散布や肥料を使わない自然農法にこだわり、山茶独特の蜜の香りと味わいが楽しめるものを作り上げています。海外でも何度も賞を受賞し、台湾の山茶の名声を高めています。
愛玉
愛玉子は台湾独自の山地の植物であり、夏の暑さを和らげるのにぴったりなスイーツです。六亀市街地沿いの県道台20号線沿いには愛玉専門店が数軒あり、冷たい愛玉ゼリーにアワや小豆、梅ジャムなどをトッピングできます。
最終更新日:2023-11-01
返回頁面頂端 智慧客服